ステロイドの副作用※塗り薬を赤ちゃんにつけていい?

スポンサーリンク




 

⇒ アレルギー・皮膚炎を2度と再発させない!予防法とは?
皮膚炎を○○で治す!安心安全で身体にも負担がかからない方法
⇒ 皮膚炎にならない秘訣とは?
効率よく皮膚炎を治したいならこの唯一の対策!
⇒ アレルギー・皮膚炎は治りにくいと思ってませんか?
実はすぐ治る!あることを毎日するだけで完治した私の方法
⇒ あなたの知らない最新の治療法
たった○○を飲むだけ!あなたが知らなかった最新の治療法とは?

 



私の長年の悩みだった皮膚炎が治った!

肌が服にこすれてツライ、家事がツライ方に!↓↓

⇒ アレルギー湿疹が綺麗に治った秘訣はコチラ

ステロイドの副作用※塗り薬を赤ちゃんにつけていい?

ステロイド薬で、注射、内服薬、塗り薬、吸入薬、点鼻薬、点眼薬などたくさんの種類があります。ステロイドの働きは抗炎症作用と免疫抑制作用です。他にもいろいろありますが、まずこの2つがわかれば十分です。

 

少したつとヨダレが出てその部分が赤くただれたりと、赤ちゃんに湿疹はつきものですよね。
そして、病院で処方されるお薬には
まさか、とばかりにステロイドが処方されることがよくあります。

スポンサーリンク




ステロイド軟膏の使用にあたっては、十分な注意が必要です。
というのも、ステロイド軟膏にはweakからstrongestまで5段階の分類があり、顔と身体(胴体や手足)、子どもと大人などで使い分けが必要だからです。

 

キンダベートも、赤ちゃんの肌にも塗れる弱いステロイドなので、使用しても大丈夫ですよ。
キンダベートを塗って、皮膚の症状が落ち着いたら、ワセリンで乾燥しないように保護してあげると良いと思います。

 

乳児(0〜3歳)の場合は顔や首等の薄い部分は4郡中程度(medium)で充分です。赤ちゃんは皮膚がとても薄く薬が吸収されやすいためにその分薬が効きやすいからです。

 

副作用は怖いものではなく、早めに再診で見つけてもらえば、そこでステロイドを中止することで、皮膚萎縮線条(ひふいしゅく・せんじょう)以外の副作用はゆっくり回復していきます。

スポンサーリンク




 

おすすめ記事

ステロイドの副作用※塗り薬を赤ちゃんにつけていい?

ステロイド薬で、注射、内服薬、塗り薬、吸入薬、点鼻薬、点眼薬などたくさんの種類があります。ステロイドの働きは抗炎症作用と免疫抑制作用です。他にもいろいろあります...

≫続きを読む

ステロイドの副作用※塗り薬の期間とは?

必要な時に必要なだけ必要な場所に必要な期間使うと大変有効な薬です。使用方法を守り正しく使うことが大事です。患部に塗るように指定された期間中は、医師の指示を守って...

≫続きを読む

ステロイドの副作用※塗り薬を塗って日光にあたって大丈夫?

強い紫外線との相性は悪いため屋外のスポーツなどで日光を長く浴びる時や、紫外線治療を行う時には塗布を控えた方が安全です。ステロイド外用(皮膚局所の抗炎症治療)が不...

≫続きを読む

スポンサーリンク


スポンサーリンク