ステロイドの副作用で顔のむくみが出る場合

スポンサーリンク




 

⇒ アレルギー・皮膚炎を2度と再発させない!予防法とは?
皮膚炎を○○で治す!安心安全で身体にも負担がかからない方法
⇒ 皮膚炎にならない秘訣とは?
効率よく皮膚炎を治したいならこの唯一の対策!
⇒ アレルギー・皮膚炎は治りにくいと思ってませんか?
実はすぐ治る!あることを毎日するだけで完治した私の方法
⇒ あなたの知らない最新の治療法
たった○○を飲むだけ!あなたが知らなかった最新の治療法とは?

 



私の長年の悩みだった皮膚炎が治った!

肌が服にこすれてツライ、家事がツライ方に!↓↓

⇒ アレルギー湿疹が綺麗に治った秘訣はコチラ

ステロイドの副作用で顔のむくみが出る場合

背中に脂肪がたまり、末端(手足)は逆に細くなるという変った現象。むくみと違ってステロイドを服用してから身体が脂肪を異常代謝し始めるので服用してしばらくたってから現れます。

 

むくみの原因は、血液やリンパの流れが滞り組織間液が溜まってしまうことが一番多いですが、重力によって起こる場合や、心臓・肝臓などの病気が原因で起こる場合などもあります。

 

セレスタミンは、抗ヒスタミン剤と副腎皮質ホルモン(ステロイド)の
2種類が配合されています
むくみや赤み、炎症を抑える作用に優れています。

 

ステロイドの副作用により、体重増加と共に顔がまん丸になる症状のことです。
ステロイド投与量によっても差はありますが、
ほとんど100%の患者さんに現れる副作用です。

スポンサーリンク




腎不全やネフローゼ症候群等の病気に罹ってしまうと、まず顔のむくみが症状として現れてくる事が多いと記載されています。顔全体が丸くむくみ、中でも瞼に目立ってむくみが集まってくる様です。

 

プレドニン錠の主な副作用は、食欲増進、不眠、吐き気、下痢、生理不順、むくみ、ムーンフェイス等です。

 

プレドニンの副作用は、服用量や服用期間によって異なります。

 

非ステロイド性抗炎症剤【ロキソニン】は、顔やまぶたのむくみを誘発することがありますので注意が必要です。
ロキソニンでむくみが出るのは、体質が関係しています。
そのため、むくみが現れない方もいます。

スポンサーリンク




 

おすすめ記事

ステロイドの副作用で顔のむくみが出る場合

背中に脂肪がたまり、末端(手足)は逆に細くなるという変った現象。むくみと違ってステロイドを服用してから身体が脂肪を異常代謝し始めるので服用してしばらくたってから...

≫続きを読む

ステロイド副作用の顔画像はこちら

ステロイド副作用の顔画像・写真をご覧になりたい方はYAHOOジャパンかgoogleの画像検索機能を使うと効率よくお目当ての画像を探し出すことができます。⇒ YA...

≫続きを読む

ステロイドの副作用で顔が乾燥する

主に、乾燥、赤み、かゆみのみられる顔面・頸部に使用します。1日1〜2回塗ります。ジュクジュクした皮膚には使いません。ジュクジュクした皮膚では、まず、ス外剤で治療...

≫続きを読む

ステロイドの副作用 顔の腫れの対処法とは?

ステロイドの副作用で顔が真っ赤に腫れあがり、乾燥してカサカサ対処に困っている場合。成分が水に溶けてる状態なので、体内での吸収がいい。無色透明で生体に馴染み、薬で...

≫続きを読む

ステロイドの副作用で顔が丸くなる時とは?

副作用である、中心性肥満(顔や背中やお腹が丸くなる)には悩まされる方も多いです。ご存知だとは思いますがステロイドの副作用は多種あり、患者個人により様々です。なの...

≫続きを読む

スポンサーリンク


スポンサーリンク