ステロイドの副作用※皮膚の色素沈着とは?

スポンサーリンク




 

⇒ アレルギー・皮膚炎を2度と再発させない!予防法とは?
皮膚炎を○○で治す!安心安全で身体にも負担がかからない方法
⇒ 皮膚炎にならない秘訣とは?
効率よく皮膚炎を治したいならこの唯一の対策!
⇒ アレルギー・皮膚炎は治りにくいと思ってませんか?
実はすぐ治る!あることを毎日するだけで完治した私の方法
⇒ あなたの知らない最新の治療法
たった○○を飲むだけ!あなたが知らなかった最新の治療法とは?

 



私の長年の悩みだった皮膚炎が治った!

肌が服にこすれてツライ、家事がツライ方に!↓↓

⇒ アレルギー湿疹が綺麗に治った秘訣はコチラ

ステロイドの副作用※皮膚の色素沈着とは?

ステロイドを塗ると色素沈着が起こるという俗説が、どういうわけか広く信じられています。湿疹などの皮膚の炎症が治った後には一時的に色素沈着が残ることは以前から知られており、炎症後色素沈着と呼ばれます。

 

これらの副作用は、ステロイド剤の強さ、使用期間、使用部位によって、その現れ方は異なります。
より強いステロイドを、長期間、吸収のよい部位に塗った場合は、より顕著です。

 

結果として色素沈着が悪化してしまうケースは少なくありません。ステロイドに対する恐怖と誤解が、症状悪化の原因となっている人が多いようです。

スポンサーリンク




塗っている間は黒くならないのだから色素沈着がス剤によって生じたとは言いがたいです。
炎症後色素沈着が湿疹・皮膚炎の治癒後の必然的経過として生ずるのは皮膚科医なら常識であるからです。

 

ステロイドを外用したときに生じうる副作用に「色素沈着」はありません。色素沈着はステロイドを塗布した場合も塗布していない場合も同様に皮膚の炎症沈静後に見られる生理的な現象です。

 

色素沈着はステロイドが引き起こしたものではなく、炎症によってメラニン色素がメラニン細胞によってたくさん作られることによるものです。

 

炎症があると、炎症の赤色が目立って色素沈着はわかりませんが、炎症が治まると色素沈着が目立ち色が黒くなるわけです。したがって、ステロイドで色が濃くなるわけではなく、ステロイドで皮膚の炎症が治まり、色素沈着で黒くなるわけですね。

スポンサーリンク




 

おすすめ記事

ステロイドの副作用の皮膚画像はこちら

ステロイド 副作用 皮膚 画像・写真をご覧になりたい方はYAHOOジャパンかgoogleの画像検索機能を使うと効率よくお目当ての画像を探し出すことができます。⇒...

≫続きを読む

ステロイドの副作用で皮膚がカサカサする

ステロイド外用剤を使って炎症が多少収まり痒みが退いた後も、かさかさ、ぷつぷつしている間は皮膚に炎症が残り続けています。皮膚が乾燥してかゆくなったり、さめ肌、カサ...

≫続きを読む

ステロイドの副作用の皮膚治療とは?

ステロイドの作用には免疫力(炎症)を抑える作用があるので水虫・カンジダ・尋常性疣贅・かい癬・水いぼ・とびひを悪化させたり誘発したりすることがあります。十分な観察...

≫続きを読む

ステロイドの副作用※皮膚の色素沈着とは?

ステロイドを塗ると色素沈着が起こるという俗説が、どういうわけか広く信じられています。湿疹などの皮膚の炎症が治った後には一時的に色素沈着が残ることは以前から知られ...

≫続きを読む

ステロイドの副作用で皮膚が薄くなる時とは?

ステロイド外用剤の副作用は主に3つあります。1つは皮膚が薄くなること、2つめは毛細血管が拡張すること、3つめは塗ったところの免疫を抑えることです。副作用の現れ易...

≫続きを読む

スポンサーリンク


スポンサーリンク