ステロイドの副作用の皮膚治療とは?

スポンサーリンク




 

⇒ アレルギー・皮膚炎を2度と再発させない!予防法とは?
皮膚炎を○○で治す!安心安全で身体にも負担がかからない方法
⇒ 皮膚炎にならない秘訣とは?
効率よく皮膚炎を治したいならこの唯一の対策!
⇒ アレルギー・皮膚炎は治りにくいと思ってませんか?
実はすぐ治る!あることを毎日するだけで完治した私の方法
⇒ あなたの知らない最新の治療法
たった○○を飲むだけ!あなたが知らなかった最新の治療法とは?

 



私の長年の悩みだった皮膚炎が治った!

肌が服にこすれてツライ、家事がツライ方に!↓↓

⇒ アレルギー湿疹が綺麗に治った秘訣はコチラ

ステロイドの副作用の皮膚治療とは?

ステロイドの作用には免疫力(炎症)を抑える作用があるので水虫・カンジダ・尋常性疣贅・かい癬・水いぼ・とびひを悪化させたり誘発したりすることがあります。十分な観察と治療が必要です。

 

ステロイド(副腎皮質ホルモン)外用薬や免疫抑制薬(プロトピック軟膏R/同 小児用R)が必要です。プロトピック軟膏R(同 小児用R)の効力はそれほど強くはな
く価格も高いため,主に顔中心に使用されています。

 

良くなったかなと思っても、勝手に治療を止めず、きちんとぬり続け、必ず、次回の診察を受けるようにして下さい。責任を持って、ス外剤の副作用がでないようにス外剤の正しい使い方を指導します。

スポンサーリンク




非常に逆説的なのですが、懸命に脱ステロイドを目指すよりも、むしろうまくステロイドを使いこなす人の方が、結果的には速やかにステロイドを卒業できるのです。

 

ステロイド皮膚炎という病気がありますが、これは口周囲、頬部にステロイド軟膏を長期間つけた場合に起こる上記の種々の皮膚変化(皮膚萎縮、毛細血管拡張、毛嚢炎)などの混合した変化と考えてよいのです。

 

常識的な医学知識をもった医師のもとで治療を継続する場合はそのような副作用は避けることができるはずです。

 

ステロイド外用剤は局所のアレルギー症状を強力に押さえ込むことが主たる作用であり湿疹治療に対して非常に有効なお薬ですが、注意すべき副作用が2つあります。

スポンサーリンク




 

おすすめ記事

ステロイドの副作用の皮膚画像はこちら

ステロイド 副作用 皮膚 画像・写真をご覧になりたい方はYAHOOジャパンかgoogleの画像検索機能を使うと効率よくお目当ての画像を探し出すことができます。⇒...

≫続きを読む

ステロイドの副作用で皮膚がカサカサする

ステロイド外用剤を使って炎症が多少収まり痒みが退いた後も、かさかさ、ぷつぷつしている間は皮膚に炎症が残り続けています。皮膚が乾燥してかゆくなったり、さめ肌、カサ...

≫続きを読む

ステロイドの副作用の皮膚治療とは?

ステロイドの作用には免疫力(炎症)を抑える作用があるので水虫・カンジダ・尋常性疣贅・かい癬・水いぼ・とびひを悪化させたり誘発したりすることがあります。十分な観察...

≫続きを読む

ステロイドの副作用※皮膚の色素沈着とは?

ステロイドを塗ると色素沈着が起こるという俗説が、どういうわけか広く信じられています。湿疹などの皮膚の炎症が治った後には一時的に色素沈着が残ることは以前から知られ...

≫続きを読む

ステロイドの副作用で皮膚が薄くなる時とは?

ステロイド外用剤の副作用は主に3つあります。1つは皮膚が薄くなること、2つめは毛細血管が拡張すること、3つめは塗ったところの免疫を抑えることです。副作用の現れ易...

≫続きを読む

スポンサーリンク


スポンサーリンク