手足口病 出席停止 期間はどれぐらいになる?

スポンサーリンク




 

⇒ アレルギー・皮膚炎を2度と再発させない!予防法とは?
皮膚炎を○○で治す!安心安全で身体にも負担がかからない方法
⇒ 皮膚炎にならない秘訣とは?
効率よく皮膚炎を治したいならこの唯一の対策!
⇒ アレルギー・皮膚炎は治りにくいと思ってませんか?
実はすぐ治る!あることを毎日するだけで完治した私の方法
⇒ あなたの知らない最新の治療法
たった○○を飲むだけ!あなたが知らなかった最新の治療法とは?

 



私の長年の悩みだった皮膚炎が治った!

肌が服にこすれてツライ、家事がツライ方に!↓↓

⇒ アレルギー湿疹が綺麗に治った秘訣はコチラ

手足口病 出席停止 期間はどれぐらいになる?

学校は伝染病にかかっており、かかっている疑いがあり、又かかるおそれのある児童、学生又は幼児があるときは、政令で定めるところにより出席を停止することができます。

 

手足口病 は、現行の学校保健法では学校伝染病第3類の「その他」として解釈されているようです。ですから、出席停止期間等についての明確な規定はないようです。

スポンサーリンク




症状がおさまった後でも、呼吸器からは1〜2週間、便からは2週間〜4週間、ときには数ヵ月間ウイルスが排出されることがあるので注意しましょう。便の取り扱いには、使い捨て手袋を使用しましょう。

 

手足口病の潜伏期間は3〜5日程度という事なので、発疹が消えてからも約2〜3週間はウイルスが残るとなると…トータルでの感染期間は結構長いです。

 

従来は発熱や手足の発疹、口内炎が消失する時を目安に出席を停止していましたが、ウイルス排泄は症状が終息してからも数週間続くことが分かっており、厳密に出席停止基準を運用すると長期間出席停止となるため現実的ではありません。

 

風邪でも鼻水やくしゃみ、咳がある間は厳密に言えば伝染る状態ではありますが、程度問題こそあれ、鼻水が出てるからといって保育園を休んでたらおそらく仕事にはほとんど行けないでしょう。

 

手足口病に感染すると、子供は登園できなくなりますし、大人がかかると仕事に影響が出て大変なことになりますよね。
なので、感染や再感染はできれば避けたいところです。

スポンサーリンク




おすすめ記事

手足口病 出席停止 高校生以上になってから掛かることも?

乳児期後半から幼児期に多いです。最近では予防接種の普及により流行の規模が小さくなったため、免疫を持たない者も罹患の機会が減り、高校生以上になってから罹患すること...

≫続きを読む

手足口病 出席停止 プールはいつからOK?

夏場の子供の楽しみが水遊びやプールです。子供が手足口病になってしまった場合は熱がない状態・口内炎・水泡がない状態なら大丈夫です。発疹のある間はプール禁止ですが、...

≫続きを読む

手足口病 出席停止 幼稚園や保育所は?

小学校や幼稚園や保育所の出席停止基準は公式には学校伝染病第3類に属し、出席停止の基準の2のただし書きによるとなっています。ですが幼稚園・保育園によっては基準を決...

≫続きを読む

手足口病 出席停止 期間はどれぐらいになる?

学校は伝染病にかかっており、かかっている疑いがあり、又かかるおそれのある児童、学生又は幼児があるときは、政令で定めるところにより出席を停止することができます。手...

≫続きを読む

手足口病 出席停止 小学校・中学校は?

手足口病は、だいたい治るまでに7日から10ほどかかると言われております。しかし、水疱瘡やおたふく風邪のように、出席停止扱いになる病気ではないのです。その為、医師...

≫続きを読む

スポンサーリンク


スポンサーリンク