乳児湿疹薬のキンダベート軟膏がよく処方される?

スポンサーリンク




 

⇒ アレルギー・皮膚炎を2度と再発させない!予防法とは?
皮膚炎を○○で治す!安心安全で身体にも負担がかからない方法
⇒ 皮膚炎にならない秘訣とは?
効率よく皮膚炎を治したいならこの唯一の対策!
⇒ アレルギー・皮膚炎は治りにくいと思ってませんか?
実はすぐ治る!あることを毎日するだけで完治した私の方法
⇒ あなたの知らない最新の治療法
たった○○を飲むだけ!あなたが知らなかった最新の治療法とは?

 



私の長年の悩みだった皮膚炎が治った!

肌が服にこすれてツライ、家事がツライ方に!↓↓

⇒ アレルギー湿疹が綺麗に治った秘訣はコチラ

乳児湿疹薬のキンダベート軟膏がよく処方される?

キンダベート軟膏は発疹やかゆみなどを抑えるための外用薬です。市販はされていなく、病院で処方される薬なので注意してくださいね。

 

キンダベートはステロイドの中でも非常に弱い薬で、鼻や口まわりの皮膚炎にも使われています。
大人だったら、鼻の中にある皮膚炎にも使われることもあります。

スポンサーリンク




ステロイドの外用薬です。ステロイドには炎症をとる強い作用があります。炎症による腫れや赤みをおさえ、かゆみや痛みをやわらげます。湿疹やアトピー性皮膚炎をはじめ、さまざまな皮膚症状に使用されています。

 

続けて使用しているうちに体内生成のステロイドを必要としなくなり、薬を急に使用しなくなると、ステロイドが足りなくなって、免疫低下や抗炎症の低下も考えられます。
赤ちゃんの薄い皮膚や、顔、首、陰部は効き目もありますが、やはり使用回数、期間の慎重な判断が必要なようです。

 

症状がひどいときは、まず強いステロイドを炎症の“火消し役”として用いることがあります。すばやく炎症をしずめることが治療の第一歩なのです。強いからとこわがって躊躇してはいけませんし、中途半端な使い方もよくありません。

 

湿疹が出てきた時にはキンダベートを塗って、治まればワセリン。
それを繰り返して、乳児湿疹が治るまでだましだましやっていきましょうってことだそうです。

 

キンダベート軟膏はステロイドは入っていますが、少量なので使っても問題ないです。
赤ちゃんでも問題ありませんので薄く塗ってあげて下さい。

スポンサーリンク




おすすめ記事

乳児湿疹の薬でアズノールは効果があるのか?

喉が痛い時はアズノールでうがいをします。医者の薬だけあって良く効きます。ガーガーうがいをすると喉が荒れてしまうのでうがい水を口に含んで喉の痛い所に30秒位当てる...

≫続きを読む

乳児湿疹薬でアルメタ軟膏は良いのか?

病院ではアルメタ以外、市販のベビーローションなどは塗らないように言われたのですが、特に保湿剤は出してもらえません。アルメタ軟膏の効能を調べてみると、湿疹や皮膚炎...

≫続きを読む

乳児湿疹薬でステロイドの使い方や副作用は?

保湿剤だけでなくステロイドなどの薬を併用する場合には、まずはじめに保湿剤で肌を潤してあげてから、ステロイドを必要箇所へ少量だけ塗るようにしてください。ステロイド...

≫続きを読む

乳児湿疹薬のプロペトを赤ちゃんの顔に塗るのはOK?

子供が小さいうちは何かと皮膚のトラブルは多いものですよね。カサカサに乾燥してひどくひび割れてきてしまったり、ポツポツと湿疹が出てきてしまってなかなか治らなかった...

≫続きを読む

乳児湿疹薬のキンダベート軟膏がよく処方される?

キンダベート軟膏は発疹やかゆみなどを抑えるための外用薬です。市販はされていなく、病院で処方される薬なので注意してくださいね。キンダベートはステロイドの中でも非常...

≫続きを読む

乳児湿疹薬でヒルドイドは効果的で安全なのか?

ヒルドイドの保湿力が非常に高いという話はよく聞きますが、本当に赤ちゃんに使っても大丈夫なのか?副作用はないのか?と不安が残ることはありませんか。ヒルドイドは効能...

≫続きを読む

乳児湿疹の薬は市販でも買える?市販薬を使うのは危ない?

肌トラブルが起きて赤ちゃんがかゆそうにしてぐずっていると、すぐに何とかしてあげたくなりますが、自己判断で市販薬を使うのは控えましょう。「乾燥しているから保湿クリ...

≫続きを読む

スポンサーリンク


スポンサーリンク