手足の赤い斑点がかゆくないのはどうして?

スポンサーリンク




 

⇒ アレルギー・皮膚炎を2度と再発させない!予防法とは?
皮膚炎を○○で治す!安心安全で身体にも負担がかからない方法
⇒ 皮膚炎にならない秘訣とは?
効率よく皮膚炎を治したいならこの唯一の対策!
⇒ アレルギー・皮膚炎は治りにくいと思ってませんか?
実はすぐ治る!あることを毎日するだけで完治した私の方法
⇒ あなたの知らない最新の治療法
たった○○を飲むだけ!あなたが知らなかった最新の治療法とは?

 



私の長年の悩みだった皮膚炎が治った!

肌が服にこすれてツライ、家事がツライ方に!↓↓

⇒ アレルギー湿疹が綺麗に治った秘訣はコチラ

手足の赤い斑点がかゆくないのはどうして?

紫斑病の紫斑と、蕁麻疹などの違いは、指でその湿疹の上を少し押し気味でなぞった時、一瞬その湿疹が消えたり、薄くなる場合は、ただの湿疹か蕁麻疹です。

 

高熱と同時期に顔や手足などに米粒大から小豆大の赤い斑点が現れます。赤い斑点に痛みやかゆくないといった特徴があります。
重症化すると多臓器不全や播種性血管内凝固症候群を引き起こすことがありますので、早期の医師の診察を受ける必要があります。

スポンサーリンク




人によって症状が異なりますので、痒みや痛みを伴わない場合もありますが、皮膚が弱かったりすると痒みが出ることもあります。ですが、掻きむしると症状が悪化する可能性がありますので、患部を冷やしたりして対応しましょう。

 

採血でもわかりますが、どの方法にしても数日かかること、原因が分かっても根本的な治す薬がないことから、症状や経過から手足口病であろうと診断されることが多いです。

 

手足口病、ウイルス性疣贅(いぼ)、伝染性軟属腫(水いぼ)、伝染性膿痂疹(とびひ)、丹毒、蜂窩織炎、毛包炎、ひょう疽、白癬(みずむし)、カンジダ症、癜風、頭ジラミ症、性感染症(梅毒、AIDS、性器ヘルペスなど)など、さまざまあります。

 

発疹といっても随分色々あります。放置していても大丈夫なものも多いです。ただ、出血斑・・・といっても、出血斑なのか、何なのかが分からない事もあるかと思いますので、とりあえず診断するために受診して頂くのが良いかと思います。

スポンサーリンク




おすすめ記事

赤い斑点【お腹や背中が全くかゆくない?】

ジベル薔薇色粃糠疹の症状は、身体の中心部に赤い発疹ができる所から始まります。この最初の発疹の後、7日から10日の間に最初よりも小さく楕円形の発疹が現れて、広がり...

≫続きを読む

赤い斑点【かゆくない腕はどう対処する?】

赤い斑点がかゆくない場合は別の原因が考えられます。病気の可能性も。内出血で紫斑が出る病気は、特殊な貧血や白血病も含まれます。風邪などを引かないように、発熱がない...

≫続きを読む

手足の赤い斑点がかゆくないのはどうして?

紫斑病の紫斑と、蕁麻疹などの違いは、指でその湿疹の上を少し押し気味でなぞった時、一瞬その湿疹が消えたり、薄くなる場合は、ただの湿疹か蕁麻疹です。高熱と同時期に顔...

≫続きを読む

赤い斑点がかゆくない【全身全然まったくかゆくない】

皮膚疾患は、全身やお腹や背中を中心に赤い発疹が多発します。この赤い斑点の特徴は、その配列模様がクリスマスツリーのように見えます。ジベル薔薇色粃糠疹の発症は、10...

≫続きを読む

赤い斑点がかゆくない【顔に大量にできてるのにかゆくない?】

お顔の肌状態は、ケアの度合いも大切ですが、生活習慣や精神状態、栄養の偏り、運動量などにより左右されるものです。皮膚科の先生に診ていただきたいのですが、可能性とし...

≫続きを読む

スポンサーリンク


スポンサーリンク