ゴキブリ対策はいつからやるのが利口なの?

スポンサーリンク




 

⇒ アレルギー・皮膚炎を2度と再発させない!予防法とは?
皮膚炎を○○で治す!安心安全で身体にも負担がかからない方法
⇒ 皮膚炎にならない秘訣とは?
効率よく皮膚炎を治したいならこの唯一の対策!
⇒ アレルギー・皮膚炎は治りにくいと思ってませんか?
実はすぐ治る!あることを毎日するだけで完治した私の方法
⇒ あなたの知らない最新の治療法
たった○○を飲むだけ!あなたが知らなかった最新の治療法とは?

 



私の長年の悩みだった皮膚炎が治った!

肌が服にこすれてツライ、家事がツライ方に!↓↓

⇒ アレルギー湿疹が綺麗に治った秘訣はコチラ

ゴキブリ対策はいつからやるのが利口なの?

繁殖期を迎える前の4〜5月のうちに一度くん煙剤(バルサン等)で駆除を行いましょう。
ただし、ゴキブリの卵は硬い殻(卵鞘)で覆われているので、くん煙剤では退治できません。

 

「クロゴキブリ」や「チャバネゴキブリ」は、越冬出来ずに死んでしまう個体が多く、また気温が25度を超えないと繁殖が難しいという特徴があります。
個体数が減っていて、繁殖が難しい4~5月頃が駆除に適した季節と言えます。

スポンサーリンク




ゴキブリ対策は、暖かくなる前からはじめることをおすすめします。
日程で言うと、5月くらいからです。

 

気温が20℃で発生し始め、25℃を超えるようになると、大量発生します。

 

また、もう一つ対策をするポイントになる時期があります。
クロゴキブリという種は家庭で一番見かけるゴキブリで、屋外と屋内を行き来しています。

 

家庭によく出没するクロゴキブリは、冬の間は卵や幼虫の状態で生き延びています。

 

ゴキブリは、暖かくて(適温20〜30度)、湿度の高い場所を好みます。逆に言うと、寒すぎたり暑過ぎる環境や、乾燥した場所は苦手なのです。
なので、ゴキブリが最も活発な夏には、除湿することをおすすめします。温度を19度以下にする手もありますが、人間が体調を崩す危険があります。

 

水、食べかす、生ごみはゴキブリの大好物です。
調理や食器洗いなどでシンクを使用したあとはゴミを残さないようキレイに片付け水もしっかり拭き取るようにします。

 

生ごみをシンクに置きっぱなしにしておかない事はもちろん、水気の多い場所はこまめに拭き取り、家の中もジメジメさせないように、除湿をしっかりする事も重要です。

スポンサーリンク




おすすめ記事

エアコンのゴキブリ対策は侵入経路をふさぐこと?

エアコンから侵入してきた可能性があります。ゴキブリがエアコンに逃げていく姿を見た!または出てきた!という目撃談が多いです。エアコンの排気口から、外にいるゴキブリ...

≫続きを読む

ゴキブリ対策【ブラックキャップはめちゃくちゃいい!】

ブラックキャップの有効成分はフィプロニル(フェニルピラゾール系)です。この成分はゴキブリの神経系にダメージを与え、死に至らしめます。この毒はゴキブリ本体はもとよ...

≫続きを読む

ゴキブリ対策に有効なハーブ種類はこれです

最近はゴキブリ駆除剤が多様化し、毒性の強い駆除剤が使われる場面が多くなっていますが、 赤ちゃんやペットがいる家庭ではより安全の為に、また、趣味としてハーブを育て...

≫続きを読む

ゴキブリ対策はいつからやるのが利口なの?

繁殖期を迎える前の4〜5月のうちに一度くん煙剤(バルサン等)で駆除を行いましょう。ただし、ゴキブリの卵は硬い殻(卵鞘)で覆われているので、くん煙剤では退治できま...

≫続きを読む

スポンサーリンク


スポンサーリンク