虫刺され【ステロイドは市販薬でも大丈夫なの?】

スポンサーリンク




 

⇒ アレルギー・皮膚炎を2度と再発させない!予防法とは?
皮膚炎を○○で治す!安心安全で身体にも負担がかからない方法
⇒ 皮膚炎にならない秘訣とは?
効率よく皮膚炎を治したいならこの唯一の対策!
⇒ アレルギー・皮膚炎は治りにくいと思ってませんか?
実はすぐ治る!あることを毎日するだけで完治した私の方法
⇒ あなたの知らない最新の治療法
たった○○を飲むだけ!あなたが知らなかった最新の治療法とは?

 



私の長年の悩みだった皮膚炎が治った!

肌が服にこすれてツライ、家事がツライ方に!↓↓

⇒ アレルギー湿疹が綺麗に治った秘訣はコチラ

虫刺され【ステロイドは市販薬でも大丈夫なの?】

市販薬では、湿疹・アトピー性皮膚炎・虫刺され・かぶれ・火傷などの外用薬や、痔のお薬などに配合され、患部の炎症を抑える成分として活用されています。

 

軽いあせも・虫刺され等には不快感の少ないクリームタイプを選択し、「じゅくじゅく」したり「カサカサ」になっている病変には軟膏タイプが良いと思います。

スポンサーリンク




刺された時は、局部症状だろうが全身症状だろうが病院にいってすみやかに治療を受けることが一番ですが、それまでに市販の薬を塗っておくことも大切です。
患部に塗布する市販薬としては抗ヒスタミン剤やステロイド剤、タンニン酸水などが効果的です。抗ヒスタミン剤は大抵の虫刺されの薬に入っています。

 

普通に薬局で販売されている市販薬にもステロイドを含むものがあります。
皮膚炎の薬の他に、虫刺されの薬や痔の薬、口内炎の薬、花粉症の薬などでステロイドを含むものがあります。 脱ステロイド中の人は注意しましょう。

 

ステロイドというのは、長期にわたって常用するお薬ではありません。
あくまで、一時的に症状を抑える対処療法薬になりますので、予防としての使用も行いません。
あくまで、症状が悪化している状態の時のみ使用を行います。

 

アンテベート・ネリゾナ・デルモベートなど馴染みの無い薬の名前ばかりですが、症状の状態を抑えるためにステロイドの強度も変わってきます。また、全身に及ぶ症状が出ている場合には併せて抗アレルギー剤の飲み薬も処方されます。

スポンサーリンク




おすすめ記事

虫刺され【ステロイドは市販薬でも大丈夫なの?】

市販薬では、湿疹・アトピー性皮膚炎・虫刺され・かぶれ・火傷などの外用薬や、痔のお薬などに配合され、患部の炎症を抑える成分として活用されています。軽いあせも・虫刺...

≫続きを読む

幼児の虫刺されにステロイドは絶対使ってはいけない?

ひとくちに“虫刺されの薬”といっても、その成分はいろいろです。いちばんロングセラーな「ムヒS」というやつは、主成分がかゆみ止めです。ステロイド成分は入ってないの...

≫続きを読む

蚊の虫刺されにステロイドは逆に悪化しないのか?

蚊に刺されて辛いのは、あとから襲ってくる赤み・腫れ・かゆみ。これは蚊が皮膚に残していった唾液成分に対するアレルギー反応です。ステロイドはアレルギー性の炎症を和ら...

≫続きを読む

虫刺されでステロイドの薬はどの種類がいいの?

ステロイドの塗り薬は、塗る場所によって適した強さのものを使用する必要があります。それを間違えると効果が得られなかったり、皮膚が薄くなってしまうなどの副作用を起こ...

≫続きを読む

スポンサーリンク


スポンサーリンク