幼児の虫刺されにはリンデロンを使ってもいいのか?

スポンサーリンク




 

⇒ アレルギー・皮膚炎を2度と再発させない!予防法とは?
皮膚炎を○○で治す!安心安全で身体にも負担がかからない方法
⇒ 皮膚炎にならない秘訣とは?
効率よく皮膚炎を治したいならこの唯一の対策!
⇒ アレルギー・皮膚炎は治りにくいと思ってませんか?
実はすぐ治る!あることを毎日するだけで完治した私の方法
⇒ あなたの知らない最新の治療法
たった○○を飲むだけ!あなたが知らなかった最新の治療法とは?

 



私の長年の悩みだった皮膚炎が治った!

肌が服にこすれてツライ、家事がツライ方に!↓↓

⇒ アレルギー湿疹が綺麗に治った秘訣はコチラ

幼児の虫刺されにはリンデロンを使ってもいいのか?

ステロイド使用については、方法を守って使えば非常に良い薬ですので、治ったら中止するのが一番です。
弱い薬でだらだら使うより、バチッと強い薬で治して、すぐに保湿などに切り替えるほうがよいと言われています。

 

院外処方の薬局でドラッグストアみたいな薬やさんじゃなくて、病院のお薬を出す薬屋さんにいくと必ず薬剤師さんがいるので、まずそこできいてみるのもいいかと思います。

スポンサーリンク




ステロイド剤は副作用が気になるという方もいますが、虫さされの外用ステロイド剤はそれほど長期使用になることはないので副作用はあまり気にしなくても大丈夫です。
また、強めのステロイドを使って早めに症状を治してしまったほうが、弱いステロイドを長期使うよりも良いということもあるようです。

 

虫さされがあまりに強く「ストロフルス」というアレルギーの強い子に対しては、シーズン中ずっと抗アレルギー薬を使用することがあります。

 

虫さされは、年齢とともに次第に腫れなくなっていきます。
いずれはみなそうなるものですから、とりあえずの対処をしながら、気長に待っていて下さい。

 

症状が治まっていなければ1週間以上の使用も医師の指示の元であれば使用するケースもあります。医師の指導の元であれば極めて効果の高い薬です。不安であれば、薬をやめるタイミングはいつでよいのかなどを確認されると良いかと思います。

 

同じ薬でも人により効果が異なったり、軟膏・クリームなど種類によっても異なることがあります。
含まれるステロイドの成分量とは直接関係はありません。

 

スポンサーリンク




おすすめ記事

赤ちゃんの虫刺されにリンデロンは有効?

病院で処方される虫刺され薬と言えば、「リンデロンVG軟膏」が多いです。リンデロンVGは、ステロイド剤と抗生剤の合剤で、化膿を防ぎながら炎症を抑え込みます。ただし...

≫続きを読む

幼児の虫刺されにはリンデロンを使ってもいいのか?

ステロイド使用については、方法を守って使えば非常に良い薬ですので、治ったら中止するのが一番です。弱い薬でだらだら使うより、バチッと強い薬で治して、すぐに保湿など...

≫続きを読む

虫刺されでリンデロンを顔に使うとキケン?!

リンデロン軟膏は顔に使うことが可能です。よくある顔の症状としては、ニキビ虫刺され火傷蕁麻疹などが挙げられます。虫刺されには数種類の軟膏やクリームが処方されますが...

≫続きを読む

子供が虫刺された場合リンデロンを使うのが得策か?

子供は免疫システムが未熟なため、蚊に刺されると真っ赤に腫れ上がってしまい、びっくりしますね。大人とは違う反応に心配になりますが、子供にとって普通の反応なので、心...

≫続きを読む

スポンサーリンク


スポンサーリンク