虫刺され【ブヨは軟膏でなんとかなる?】

スポンサーリンク




 

⇒ アレルギー・皮膚炎を2度と再発させない!予防法とは?
皮膚炎を○○で治す!安心安全で身体にも負担がかからない方法
⇒ 皮膚炎にならない秘訣とは?
効率よく皮膚炎を治したいならこの唯一の対策!
⇒ アレルギー・皮膚炎は治りにくいと思ってませんか?
実はすぐ治る!あることを毎日するだけで完治した私の方法
⇒ あなたの知らない最新の治療法
たった○○を飲むだけ!あなたが知らなかった最新の治療法とは?

 



私の長年の悩みだった皮膚炎が治った!

肌が服にこすれてツライ、家事がツライ方に!↓↓

⇒ アレルギー湿疹が綺麗に治った秘訣はコチラ

虫刺され【ブヨは軟膏でなんとかなる?】

弱い薬を長く使って症状を少しずつ止めるよりも、強い薬で症状を早く止めた方が受けるストレスも少なくてすみます。

 

ステロイドには強さによって分類があります。強いものから順にストロンゲストT群>ベリーストロングU群>ストロングV群>マイルドW群>ウィークX群となっておりリンデロンは中間のストロングの分類になります。

スポンサーリンク




リンデロンVG軟膏には、副作用もあります。主な症状としては、皮膚にぴりっとした刺激が出たり、赤くなったり、腫れたり、湿疹が出たり、皮膚炎になったりと、様々な症状が出てきますので、注意が必要なのです。

 

ステロイドですので直射日光にあたるとシミになることもあります。
あまり顔には使用しない方がいいです。
結構強い薬なので、薄くのばして塗るようにお子さまに教えておく方がいいです。

 

ステロイド、と聞くと少し怖いイメージがあるかもしれません。
しかし、痒みの原因は吸血時の、ブヨから出る物質へのアレルギー反応です。

 

このステロイド剤が、直接傷口のアレルギー反応を抑え込んでくれるわけです。
強いお薬なので、薄く延ばし、顔にはあまり塗らないようにしましょう。

 

ほぼ同じ成分構成のステロイド系の軟膏でも、市販薬は有効成分の濃度が処方薬の半分以下に定められているといいます。つまり、市販薬と処方薬では効き目に大きな差があるのです。

スポンサーリンク




おすすめ記事

虫刺されブヨの対処法とは?

アウトドアの時に刺される事が多いいので、外での対処法を覚えておく必要があります。さらに蚊と違って対策さえしっかりしていれば、その被害は最小限にとどめる事が可能で...

≫続きを読む

虫刺され【ブヨの薬は何がいい?】

薬を塗ってもなかなか落ち着かないのが、結節性痒疹です。そのような場合、補助的に治療法を組み合わせることがあります。蚊に刺されると、皮膚が腫れますよね。そして、か...

≫続きを読む

虫刺され ブヨの画像写真はこちら

虫刺され ブヨの画像写真をご覧になりたい方はYAHOOジャパンかgoogleの画像検索機能を使うと効率よくお目当ての画像を探し出すことができます。⇒ YAHOO...

≫続きを読む

虫刺され【ブヨは軟膏でなんとかなる?】

弱い薬を長く使って症状を少しずつ止めるよりも、強い薬で症状を早く止めた方が受けるストレスも少なくてすみます。ステロイドには強さによって分類があります。強いものか...

≫続きを読む

虫刺され【ブヨの跡は一生涯残るってマジ?】

蚊に刺されるとどうしても掻きたくなりますが、掻けば掻くほどさらにかゆくなり、皮膚を傷つけ炎症をおこし、跡が残る可能性も・・・まさに悪循環。また爪で十の字にしたり...

≫続きを読む

スポンサーリンク


スポンサーリンク