虫刺され ブヨの画像写真はこちら

スポンサーリンク




 

⇒ アレルギー・皮膚炎を2度と再発させない!予防法とは?
皮膚炎を○○で治す!安心安全で身体にも負担がかからない方法
⇒ 皮膚炎にならない秘訣とは?
効率よく皮膚炎を治したいならこの唯一の対策!
⇒ アレルギー・皮膚炎は治りにくいと思ってませんか?
実はすぐ治る!あることを毎日するだけで完治した私の方法
⇒ あなたの知らない最新の治療法
たった○○を飲むだけ!あなたが知らなかった最新の治療法とは?

 



私の長年の悩みだった皮膚炎が治った!

肌が服にこすれてツライ、家事がツライ方に!↓↓

⇒ アレルギー湿疹が綺麗に治った秘訣はコチラ

虫刺され ブヨの画像写真はこちら

虫刺され ブヨの画像写真をご覧になりたい方はYAHOOジャパンかgoogleの画像検索機能を使うと効率よくお目当ての画像を探し出すことができます。

 

⇒ YAHOOジャパンで虫刺され ブヨの画像写真を検索する

 

⇒ google画像検索で虫刺され ブヨの画像写真を検索する

スポンサーリンク




 

ブヨは蚊ではありません。
似ているのですが、違います。
似て非なる吸血昆虫、それが「ブヨ」です。

 

体長3mm〜5mm程度の黒い小さな虫です。きれいな水があるところで朝晩に刺されやすい!実際には噛まれると言ったほうがいいかもしれません。蚊のように皮膚に針を刺すのではなく、皮膚を噛み切ります。

 

ブヨは清流がある山間部や高原のようです。水がきれいな場所でないとブヨは生きていけないようですね。イエバエの4分の1ほどの小さい虫ですが「ブヨの集団に襲われた」という事例もありますので注意したいものです。

 

ブヨに刺されるととてもかゆくなってしまいます。結果として皮膚は刺されたところを中心に固く盛り上がってしまい、

 

治療を続けても全然良くならなくなってしまうのです。
これを「結節性痒疹(けっせつせいようしん)」と呼んでいます。

 

痒みも腫れもそこまで悪化しないのですが、遊びに夢中で気づかなかった、また痛みに強いひとはブヨに噛まれてもすぐには気づかず、腫れてきて強い痒みを感じてから気づく場合が多いです。

 

お近くの薬局にも置いてあると思いますし、通販でも購入可能ですので、キャンプや釣りなどアウトドアのレジャーへはぜひ携行することをおすすめします。

 

人によっては頭痛や発熱が起きることもあり、1週間ほど、かゆみと痛みが続きますが、体質によっては腫れが1ヶ月以上引かないこともあります。

 

また吸血された箇所が多いなどすると、リンパ管炎やリンパ節炎を併発したり、呼吸困難などで重篤症状に陥ることもあります。

スポンサーリンク




おすすめ記事

虫刺されブヨの対処法とは?

アウトドアの時に刺される事が多いいので、外での対処法を覚えておく必要があります。さらに蚊と違って対策さえしっかりしていれば、その被害は最小限にとどめる事が可能で...

≫続きを読む

虫刺され【ブヨの薬は何がいい?】

薬を塗ってもなかなか落ち着かないのが、結節性痒疹です。そのような場合、補助的に治療法を組み合わせることがあります。蚊に刺されると、皮膚が腫れますよね。そして、か...

≫続きを読む

虫刺され ブヨの画像写真はこちら

虫刺され ブヨの画像写真をご覧になりたい方はYAHOOジャパンかgoogleの画像検索機能を使うと効率よくお目当ての画像を探し出すことができます。⇒ YAHOO...

≫続きを読む

虫刺され【ブヨは軟膏でなんとかなる?】

弱い薬を長く使って症状を少しずつ止めるよりも、強い薬で症状を早く止めた方が受けるストレスも少なくてすみます。ステロイドには強さによって分類があります。強いものか...

≫続きを読む

虫刺され【ブヨの跡は一生涯残るってマジ?】

蚊に刺されるとどうしても掻きたくなりますが、掻けば掻くほどさらにかゆくなり、皮膚を傷つけ炎症をおこし、跡が残る可能性も・・・まさに悪循環。また爪で十の字にしたり...

≫続きを読む

スポンサーリンク


スポンサーリンク