虫刺されの水ぶくれ【とびひを誘発する危険?】

スポンサーリンク




 

⇒ アレルギー・皮膚炎を2度と再発させない!予防法とは?
皮膚炎を○○で治す!安心安全で身体にも負担がかからない方法
⇒ 皮膚炎にならない秘訣とは?
効率よく皮膚炎を治したいならこの唯一の対策!
⇒ アレルギー・皮膚炎は治りにくいと思ってませんか?
実はすぐ治る!あることを毎日するだけで完治した私の方法
⇒ あなたの知らない最新の治療法
たった○○を飲むだけ!あなたが知らなかった最新の治療法とは?

 



私の長年の悩みだった皮膚炎が治った!

肌が服にこすれてツライ、家事がツライ方に!↓↓

⇒ アレルギー湿疹が綺麗に治った秘訣はコチラ

虫刺されの水ぶくれ【とびひを誘発する危険?】

とびひは主に黄色ブドウ球菌という細菌(バイキン)による、幼小児のうつる皮膚病です。
冬より夏に流行する傾向があります。
病変部位から出た膿がつぎつぎと広がっていくことからとびひと呼ばれています。

 

お子さんの場合は、水ぶくれの中の不潔な液体が指先についたまま、ほかの場所をかくことで、とびひを発生させてしまう子もいます。

スポンサーリンク




酷い水ぶくれの場合にはとびひになってしまう危険もあるため早期に皮膚科で治療を受けることをおすすめします。
主に5歳〜6歳の子供に多く発症する、小児ストロフルスは虫刺されによる過敏反応で水ぶくれができてしまう症状です。

 

とびひの治療として大切なのは、原因である細菌を死滅させる事です。もちろん、痒みが強いとさらに症状が拡大してします場合があるので、かゆみ止めも必要になります。これらの薬を決まった分量、回数などをしっかり守りちゃんと使用しましょう。

 

赤ちゃんが掻き壊さなくても水ぶくれができてしまいます。脇の下や首などの見つけにくい場所に水ぶくれができてしまうのも特徴です。夏の間は特に、赤ちゃんの身体を毎日細かくチェックしてあげましょう。

 

とびひは黄色ブドウ球菌によく効く抗菌薬を3?4日間内服します。痂皮性膿痂疹では、ペニシリン系薬の内服が最も効果的ですが、黄色ブドウ球菌との混合感染も考えて内服薬を選びます。

 

かなり痒いので掻かないようにするのが大変。また、子供は気になって触ってしまうのでどんどん周りにうつります。

スポンサーリンク




おすすめ記事

虫刺されで水ぶくれは皮膚科に行くのが正解?

水ぶくれが大きく膨れ上がり今にも潰れそうな場合は、とびひの危険性があるのですぐに皮膚科で治療を受ける必要があります。水ぶくれができていることに気づいたら、虫刺さ...

≫続きを読む

虫刺されの水ぶくれが痛い!対策処置法は?

刺されたときに痛いと思ったといわれるとだいたい蜂かムカデ、蜂の場合は痛みで刺されたのがわかるので虫を目撃されている場合も多いです。ムカデは顎にある一対の牙が毒牙...

≫続きを読む

虫刺され水ぶくれ【膿や痒みが出るのはどうして?】

虫に刺されると症状が現れますが、その他にも発熱、しびれ、ただれ、しこりが残るなど虫や注入された毒の量、刺された人の体質などによって様々な症状が出る場合があります...

≫続きを読む

子供が虫刺され【水ぶくれの薬は即効性があるものを選べ?】

虫刺されをかいてしまい、傷を悪化させたことで水ぶくれができるケースです。お子さんの場合は、水ぶくれの中の不潔な液体が指先についたまま、ほかの場所をかくことで、と...

≫続きを読む

虫刺されの水ぶくれ【とびひを誘発する危険?】

とびひは主に黄色ブドウ球菌という細菌(バイキン)による、幼小児のうつる皮膚病です。冬より夏に流行する傾向があります。病変部位から出た膿がつぎつぎと広がっていくこ...

≫続きを読む

虫刺されの水ぶくれはブヨのしわざか?

藪蚊に刺されるだけでも、1.5cm位は腫れあがり、超痒くてたまんないです。でも、ブヨって蚊なんかとは、比較にならないほどヤバいです。ブヨに噛まれてしまうと、痛み...

≫続きを読む

虫刺されの水ぶくれ【ノミなどに刺された場合の対処法は?】

蚊や、家ダニ、ノミなどに刺された場合、激しい痒みを伴う事が多いです。また、酷い場合は皮膚が赤く腫上がり、水ぶくれになる事もあります。犬や猫などのペットを飼ってい...

≫続きを読む

スポンサーリンク


スポンサーリンク