虫刺され水ぶくれ【膿や痒みが出るのはどうして?】

スポンサーリンク




 

⇒ アレルギー・皮膚炎を2度と再発させない!予防法とは?
皮膚炎を○○で治す!安心安全で身体にも負担がかからない方法
⇒ 皮膚炎にならない秘訣とは?
効率よく皮膚炎を治したいならこの唯一の対策!
⇒ アレルギー・皮膚炎は治りにくいと思ってませんか?
実はすぐ治る!あることを毎日するだけで完治した私の方法
⇒ あなたの知らない最新の治療法
たった○○を飲むだけ!あなたが知らなかった最新の治療法とは?

 



私の長年の悩みだった皮膚炎が治った!

肌が服にこすれてツライ、家事がツライ方に!↓↓

⇒ アレルギー湿疹が綺麗に治った秘訣はコチラ

虫刺され水ぶくれ【膿や痒みが出るのはどうして?】

虫に刺されると症状が現れますが、その他にも発熱、しびれ、ただれ、しこりが残るなど虫や注入された毒の量、刺された人の体質などによって様々な症状が出る場合があります。

 

かき壊した「びらん」の周りに小さな水ぶくれができて、さらにその周りが赤くなってきます。水ぶくれの中は初めは透明ですが、次第に膿疱化(水ぶくれの中に膿が入っている状態)します。

 

酷い水ぶくれの場合にはとびひになってしまう危険もあるため早期に皮膚科で治療を受けることをおすすめします。

スポンサーリンク




「とびひ」とは掻き壊した場所が細菌に感染し、膿や水ぶくれができる状態の事。
それが破れて滲出液が出ると、その滲出液が付いた場所がまた細菌に侵されてどんどん広がっていくという症状の事です。

 

「とびひ」は「飛び火」から名前がついたと言われるように、次々に広がるので注意が必要です。

 

かゆがって掻き壊すと化膿して、「とびひ」などになってしまうこともあります。
化膿したり、とびひかもしれないと思ったりした時は、患部を清潔なガーゼで覆い、皮膚科へ連れて行きましょう。

 

最初は水疱(水ぶくれ)や膿疱(膿がたまったもの)として発症しますが、すぐに黄色に変化し、かさぶたへと変化します。やがてこのかさぶたが全身へ広がっていくことになります。痂皮性膿痂疹の場合は発熱や喉の痛みを伴う場合が多いです。

 

複数の箇所に飛び火せず1カ所くらいなら、抗生物質の軟膏を塗って治ることが多いものです。市販はしていないはずですから、皮膚科や小児科医にかかって正しく診断してもらい、処方してもらえばよいでしょう。

スポンサーリンク




おすすめ記事

虫刺されで水ぶくれは皮膚科に行くのが正解?

水ぶくれが大きく膨れ上がり今にも潰れそうな場合は、とびひの危険性があるのですぐに皮膚科で治療を受ける必要があります。水ぶくれができていることに気づいたら、虫刺さ...

≫続きを読む

虫刺されの水ぶくれが痛い!対策処置法は?

刺されたときに痛いと思ったといわれるとだいたい蜂かムカデ、蜂の場合は痛みで刺されたのがわかるので虫を目撃されている場合も多いです。ムカデは顎にある一対の牙が毒牙...

≫続きを読む

虫刺され水ぶくれ【膿や痒みが出るのはどうして?】

虫に刺されると症状が現れますが、その他にも発熱、しびれ、ただれ、しこりが残るなど虫や注入された毒の量、刺された人の体質などによって様々な症状が出る場合があります...

≫続きを読む

子供が虫刺され【水ぶくれの薬は即効性があるものを選べ?】

虫刺されをかいてしまい、傷を悪化させたことで水ぶくれができるケースです。お子さんの場合は、水ぶくれの中の不潔な液体が指先についたまま、ほかの場所をかくことで、と...

≫続きを読む

虫刺されの水ぶくれ【とびひを誘発する危険?】

とびひは主に黄色ブドウ球菌という細菌(バイキン)による、幼小児のうつる皮膚病です。冬より夏に流行する傾向があります。病変部位から出た膿がつぎつぎと広がっていくこ...

≫続きを読む

虫刺されの水ぶくれはブヨのしわざか?

藪蚊に刺されるだけでも、1.5cm位は腫れあがり、超痒くてたまんないです。でも、ブヨって蚊なんかとは、比較にならないほどヤバいです。ブヨに噛まれてしまうと、痛み...

≫続きを読む

虫刺されの水ぶくれ【ノミなどに刺された場合の対処法は?】

蚊や、家ダニ、ノミなどに刺された場合、激しい痒みを伴う事が多いです。また、酷い場合は皮膚が赤く腫上がり、水ぶくれになる事もあります。犬や猫などのペットを飼ってい...

≫続きを読む

スポンサーリンク


スポンサーリンク