虫刺され腫れ痛みの対処法とは?

スポンサーリンク




 

⇒ アレルギー・皮膚炎を2度と再発させない!予防法とは?
皮膚炎を○○で治す!安心安全で身体にも負担がかからない方法
⇒ 皮膚炎にならない秘訣とは?
効率よく皮膚炎を治したいならこの唯一の対策!
⇒ アレルギー・皮膚炎は治りにくいと思ってませんか?
実はすぐ治る!あることを毎日するだけで完治した私の方法
⇒ あなたの知らない最新の治療法
たった○○を飲むだけ!あなたが知らなかった最新の治療法とは?

 



私の長年の悩みだった皮膚炎が治った!

肌が服にこすれてツライ、家事がツライ方に!↓↓

⇒ アレルギー湿疹が綺麗に治った秘訣はコチラ

虫刺され腫れ痛みの対処法とは?

刺された時の市販の虫刺され薬には主に2種類あります。

 

  1. 炎症を抑えるステロイド剤配合のもの
  2. 痒みを抑える抗ヒスタミン剤主体のもの

 

虫に刺されて痒みのみ続く場合は抗ヒスタミン剤主体のものが効果的です。

スポンサーリンク




もし気づかずにかきむしってしまっても、気づいた時点で医師の検診を受けることが大切です。放っておくと痛みやかゆみが全身に及び、ひどい場合では発熱やめまいが生じることがあります。

 

温めると効果があるのは、刺された直後で痒みや痛みなどの症状が出る前に限ります。
刺されてから数時間〜半日経過していて、痒みや痛みを感じる場合は、基本的には蚊と同じ対処法を取ります。

 

薬は、ステロイド系外用薬が効果的で、できれば抗ヒスタミン剤が含まれたステロイド系軟膏をおすすめします。

 

ステロイド系の軟膏さえ持っておけば、たいていのケースには対処可能なのです。
このステロイド系軟膏、薬屋さんに行っても自分で探すのは結構難しいと思うので、薬剤師さんに探してもらった方がいいと思います。

 

市販のエアゾール系の殺虫剤(キンチョール、フマキラー、アースジェットなど)を吹き付けるのが効果的です。

 

即効性と致死効果が高いのですばやく対処できます。夏場に水辺や湿地帯に出かける際には、持参しておくと安心です。

スポンサーリンク




おすすめ記事

虫刺され【腫れや痛みはブヨのしわざ?】

ブヨは3mm〜5mm位の大きさで、蚊のように刺すと思いきや、こいつは噛んできます。皮膚を噛みきってから血を吸ってくるので、人によっては『イタっ!』と来ることもあ...

≫続きを読む

虫さされ【腫れやかゆみがある?】

個人差もありますが、刺された直後から激しいかゆみを感じ、また、水ぶくれを生じる場合もあります。掻くと悪化しますので掻かないようにして、なるべく早く抗ヒスタミン薬...

≫続きを読む

虫刺されの腫れには薬ステロイドが有効?

虫刺されに使われる塗り薬としては、かゆみを鎮めるための抗ヒスタミン成分を配合した外用剤(抗ヒスタミン剤)と、炎症を抑えるステロイド外用剤が代表的です。抗ヒスタミ...

≫続きを読む

虫刺され腫れの薬はリンデロンが有効?

リンデロン軟膏には、抗生物質を配合しているリンデロンVG軟膏。そして、抗生物質を配合していないリンデロンV軟膏とリンデロンDP軟膏です。普通は、1日1回〜2回、...

≫続きを読む

虫刺され腫れ【ブヨの画像はこちら】

虫刺され腫れブヨの画像写真をご覧になりたい方はYAHOOジャパンかgoogleの画像検索機能を使うと効率よくお目当ての画像を探し出すことができます。⇒ YAHO...

≫続きを読む

虫刺され腫れ【かゆみと痛みの原因は?】

ブユはハエより若干小さく、体長3〜5mm程度の吸血性の虫です。幼虫は小川や渓流で育ち、綺麗な水辺を好むため、蚊と違って都会ではあまり見かけません。夏場のキャンプ...

≫続きを読む

虫刺されの腫れが大きい時の賢い対処法とは?

ブヨは、蚊の様に刺すのではなく、噛んで人間の血を吸います。その際に、ブヨが持つ毒素を注入して行くので、時間の経過と共に毒素が回り、患部がパンパンに腫れる訳です。...

≫続きを読む

虫刺され腫れ【痛みとしこりのようなものがある恐怖】

通常、蚊はしこりができるほどではなく、赤くかゆい症状が普通。しこりができるのは、別の虫が考えられます。もちろん肌が弱い方なら、蚊にさされてもしこりができるかもわ...

≫続きを読む

虫刺され腫れ【熱いかゆみが身体を蝕む?】

お湯で温めたり、絆創膏で空気との接触を無くしてしまったりする方法も、かゆみが早めに引いてくれます。引っかくと傷や傷跡になったり、化膿することもあります。赤ちゃん...

≫続きを読む

虫刺され腫れ【アリの痛みは相当なもの?】

アリの中には、オオズアリのように人を咬んだり、イエヒメアリやオオハリアリのように腹部先端の毒針で人を刺す種類がおりイエヒメアリは咬むこともあります。本格的なレジ...

≫続きを読む

虫刺され腫れ【痛みを子供が訴える】

虫刺されの応急処置は、「冷やすこと」です。保冷剤や、氷で患部を冷やします。氷など直接あてると、子供の場合程度が分らず凍傷をおこしてしまう恐れもあるので、ガーゼや...

≫続きを読む

虫刺され腫れ【ムカデの痛みは計り知れない?】

昔から「ムカデは理を咬む。ハチは無理を刺す」と言う言葉があります。ハチは関係なく攻撃してきますが、ムカデは刺激をしなければムカデ側から刺される、噛まれる事はない...

≫続きを読む

虫刺され腫れ【痛みを伴う発熱の症状が発症した?】

腫れが起こっているのは毒素に対して免疫が反応し、炎症を起こしている証拠ですので問題はありません。ただ、発熱が見られる場合や腫れが異常に大きくなった際は、医師に相...

≫続きを読む

虫刺され腫れ痛みを伴う場合の病院はどこにいけばいい?

虫刺されは、日常的な皮膚トラブルのひとつ。特に蚊による虫刺されは、毎年夏になれば、誰でも何度か経験するものです。そのため、蚊にちょっと刺されたくらいでいちいち病...

≫続きを読む

虫刺され腫れ痛みの対処法とは?

刺された時の市販の虫刺され薬には主に2種類あります。炎症を抑えるステロイド剤配合のもの痒みを抑える抗ヒスタミン剤主体のもの虫に刺されて痒みのみ続く場合は抗ヒスタ...

≫続きを読む

虫刺され腫れ痛みが家の中で感じる場合キケン?

一概にダニといっても家に潜むイエダニと、山に潜むマダニでは対処法も全く異なります。最近テレビでマダニによる感染症などのニュースがありますが、マダニに噛まれると命...

≫続きを読む

虫刺され腫れ痛みの原因はダニ?キケンなその生態とは?

虫刺されは、同じ虫(蚊・ダニなど)に刺されても人によって反応が異なります。皮疹の出来方は、左右対称ではないのが特徴です。また、刺された直後は余り腫れていなくても...

≫続きを読む

スポンサーリンク


スポンサーリンク