アトピー 保湿剤 市販で売っている保湿剤を塗っても良いの?

スポンサーリンク




 

⇒ アレルギー・皮膚炎を2度と再発させない!予防法とは?
皮膚炎を○○で治す!安心安全で身体にも負担がかからない方法
⇒ 皮膚炎にならない秘訣とは?
効率よく皮膚炎を治したいならこの唯一の対策!
⇒ アレルギー・皮膚炎は治りにくいと思ってませんか?
実はすぐ治る!あることを毎日するだけで完治した私の方法
⇒ あなたの知らない最新の治療法
たった○○を飲むだけ!あなたが知らなかった最新の治療法とは?

 



私の長年の悩みだった皮膚炎が治った!

肌が服にこすれてツライ、家事がツライ方に!↓↓

⇒ アレルギー湿疹が綺麗に治った秘訣はコチラ

アトピー 保湿剤 市販で売っている保湿剤を塗っても良いの?

ニベアクリームのような市販の保湿剤には「油分」がたっぷり入っていること!これが注意点です。
健康な肌の方であれば問題ないのですが、アトピーや敏感肌にはオススメできません。

 

ワセリン(白色ワセリン)で商品名としては、プロぺトなどがあります。石油由来の製品ですが、副作用が極めて少なく、赤ちゃんにも使える安全な成分です。ワセリンは、肌に油分で膜を作ってくれるので、角質層から水分の蒸発を防ぎます。皮膚の乾燥を防ぎ、外的刺激から守ってくれます。

スポンサーリンク




ヒルドイドという保湿剤が処方されますが、このヒルドイドという保湿剤は、つけるとすぐに肌が潤うような実感があるかもしれませんが、界面活性剤が入っていて、皮脂を溶かす働きがあり、使い続けると肌をより乾燥させていくので、乾燥が改善されるどころか赤ちゃんのカサカサが目立ってきたことに気づくママさんが多いんです。

 

子どもでもストレスを感じることは環境の変化など多々あります。

 

その中で親にかまってもらおうとしたり、親の注目を集めようとしたりなどそのような行動でストレスを解消しようとすることがあり、そのプロセスの途中でアトピーのある子どもは掻くという行動に出てしまうのです。

 

なお、アトピーに使う保湿剤は、薬局やドラッグストアなどで買える市販の保湿剤もあれば、病院でしかもらえない処方薬のような保湿剤もあります。

 

市販の保湿剤も手軽に買えるので、よさそうなものは、いろいろと試した経験があります。
たとえば、白色ワセリン、ワセリン由来の「サンホワイト」というクリーム、「ザーネクリーム」はビタミンEが有効成分の保湿剤です。

スポンサーリンク




 

おすすめ記事

アトピー 保湿クリームはワセリン、ステロイドどれがいい?

まず、かかりつけのお医者様に相談のうえ、症状にあった保湿をしましょう。保湿の仕方によっては、症状が悪化する場合もあり、その効果も個人差があるのが実情です。特に「...

≫続きを読む

アトピー 保湿剤 市販で売っている保湿剤を塗っても良いの?

ニベアクリームのような市販の保湿剤には「油分」がたっぷり入っていること!これが注意点です。健康な肌の方であれば問題ないのですが、アトピーや敏感肌にはオススメでき...

≫続きを読む

アトピー 保湿しない?アトピーは保湿する?どちらが良いの?

炎症に保湿剤を塗るのが駄目であってステロイドと保湿の併用はOK。炎症を治しつつ保湿因子を外から与えてあげるというのはアトピーのスキンケアの鉄板です。洗顔後には、...

≫続きを読む

アトピー 保湿 子供は乳児の頃はかなりひどい?

子供は乳児の頃はかなりひどいアトピー性皮膚炎でしたが、幼稚園の年少(3〜4歳)くらいで完治しています。子供も乳児湿疹がひどく、3、4ヶ月の頃に全然治らなくて皮膚...

≫続きを読む

アトピー 保湿 逆効果って知ってます?

赤い部分(炎症)には保湿を塗ると痒くなったりヒリヒリしたり悪化することもあるよーって事を教えてあげるべき。赤い部分に保湿は逆効果なんだけど良くしようとして保湿を...

≫続きを読む

アトピー 保湿 ワセリンで保湿をするとなると?

ワセリンのイメージというと僕は以前こんな風に考えていました。塗るとなんだかべたべたして気持ち悪い。特に顔に塗った時は油がテカテカでとても気になる。加えて熱もこも...

≫続きを読む

スポンサーリンク


スポンサーリンク