アトピー 保湿クリームはワセリン、ステロイドどれがいい?

スポンサーリンク




 

⇒ アレルギー・皮膚炎を2度と再発させない!予防法とは?
皮膚炎を○○で治す!安心安全で身体にも負担がかからない方法
⇒ 皮膚炎にならない秘訣とは?
効率よく皮膚炎を治したいならこの唯一の対策!
⇒ アレルギー・皮膚炎は治りにくいと思ってませんか?
実はすぐ治る!あることを毎日するだけで完治した私の方法
⇒ あなたの知らない最新の治療法
たった○○を飲むだけ!あなたが知らなかった最新の治療法とは?

 



私の長年の悩みだった皮膚炎が治った!

肌が服にこすれてツライ、家事がツライ方に!↓↓

⇒ アレルギー湿疹が綺麗に治った秘訣はコチラ

アトピー 保湿クリームはワセリン、ステロイドどれがいい?

まず、かかりつけのお医者様に相談のうえ、症状にあった保湿をしましょう。
保湿の仕方によっては、症状が悪化する場合もあり、その効果も個人差があるのが実情です。
特に「脱保湿」を試みている方もいるので賛否がわかれていますが、乾燥がキツイ時は保湿する方がいいなどの意見もあるようです。

スポンサーリンク




一番重要なのは、肌本来のバリア機能を回復させることであり、そのためにはなるべく添加物の少ない天然由来成分の保湿剤が理想的です。
大人用の保湿クリームなどは、子供の肌への負担が大きいため、間違っても使ってはいけません。

 

クリームに使われる界面活性剤は、「乳化」目的のため、クレンジング剤などに含まれる界面活性剤より脱脂力が弱く、余分な油分を肌から奪うことはないと言われています。

 

しかし、特に肌のバリア機能が低下している場合は、界面活性剤そのものが異物として肌内部に侵入し、刺激となります。

 

アトピー性皮膚炎の肌、特に炎症が発生している場合は、普段は使用しても問題ない化粧品の成分でも刺激となり、炎症が悪化することがあります。そのため、例えばワセリンを使う場合は、精製度の高い「プロペト」や「サンホワイト」を使用するようにしましょう。

 

「アズノール」「サトウザルベ」「亜鉛華軟膏」がなかなかいいです。
非ステロイド系外用薬の御三家です。
これ以外にも抗炎症作用のある外用薬にはアンダーム軟膏、スタデルム軟膏、ベシカム軟膏などがあります。また漢方では紫雲膏が有名ですが、太乙膏や中黄膏などもあります。

スポンサーリンク




 

おすすめ記事

アトピー 保湿クリームはワセリン、ステロイドどれがいい?

まず、かかりつけのお医者様に相談のうえ、症状にあった保湿をしましょう。保湿の仕方によっては、症状が悪化する場合もあり、その効果も個人差があるのが実情です。特に「...

≫続きを読む

アトピー 保湿剤 市販で売っている保湿剤を塗っても良いの?

ニベアクリームのような市販の保湿剤には「油分」がたっぷり入っていること!これが注意点です。健康な肌の方であれば問題ないのですが、アトピーや敏感肌にはオススメでき...

≫続きを読む

アトピー 保湿しない?アトピーは保湿する?どちらが良いの?

炎症に保湿剤を塗るのが駄目であってステロイドと保湿の併用はOK。炎症を治しつつ保湿因子を外から与えてあげるというのはアトピーのスキンケアの鉄板です。洗顔後には、...

≫続きを読む

アトピー 保湿 子供は乳児の頃はかなりひどい?

子供は乳児の頃はかなりひどいアトピー性皮膚炎でしたが、幼稚園の年少(3〜4歳)くらいで完治しています。子供も乳児湿疹がひどく、3、4ヶ月の頃に全然治らなくて皮膚...

≫続きを読む

アトピー 保湿 逆効果って知ってます?

赤い部分(炎症)には保湿を塗ると痒くなったりヒリヒリしたり悪化することもあるよーって事を教えてあげるべき。赤い部分に保湿は逆効果なんだけど良くしようとして保湿を...

≫続きを読む

アトピー 保湿 ワセリンで保湿をするとなると?

ワセリンのイメージというと僕は以前こんな風に考えていました。塗るとなんだかべたべたして気持ち悪い。特に顔に塗った時は油がテカテカでとても気になる。加えて熱もこも...

≫続きを読む

スポンサーリンク


スポンサーリンク